絶対に失敗しない水素水の選び方

水素水サーバーの購入を検討している方は、水素水を飲んだことがある方がほとんどだと思いますが、もし水素水を飲んだことがないのであれば、水素水サーバーを購入前に一度水素水を飲んでみませんか?

市販の水素水の選び方

水素水を選ぶポイント

  • 水素濃度が1.0ppm以上
  • 容器はアルミパウチ

水素濃度が1.0ppm以上

市販の水素水は商品ごとに水素濃度がピンきりで、しっかり水素が入った高濃度水素水がある一方で、微量しか水素が入っていない粗悪なものもあります。

水素濃度の低い水素水を飲んでも実感しにくくあまり意味がないので、せっかく水素水の飲むのであれば、溶存水素濃度が1.0ppm以上の水素水を選んだ方がいいです。

容器はアルミパウチ

市販の水素水は主に、アルミパウチ・アルミ缶・ペットボトルの容器に入って販売されていますが、基本的にペットボトルに入っている水素水は粗悪品です。

またアルミ缶に入った水素水は、一度開封すると保存が利かないので、保存の効くアルミパウチに入った水素水がオススメです。

 ペットボトルに水素発生剤を入れて作る水素水は例外で、高濃度水素水を作ることができるので、水素発生剤もオススメです。

失敗しない商品の選び方

上記で紹介した水素水の選び方を踏まえて商品を探そうと思っても、市販の水素水は無数にあるので、自分でピックアップするだけでもかなり大変です。

せっかく商品を選んでも、実はもっと良い商品がある場合もありますし、購入するからにはきちんとした水素水を飲みたいので、なるべくたくさんの水素水をレビューしているサイトを参考にして商品を選びます。

水素水のレビューサイトでは、商品ごとの水素濃度を実際に測定して、本当に良い商品を見つけることができるので、商品選びの失敗がなくなります。

水素水のレビューはこちらのサイトを参考にしてください。
参照水素水ランキングサイト

何の根拠もないレビューサイトやランキングサイトが非常に多いですが、こちらのサイトのように根拠を示しているサイトを参考にしてみてください。