自宅で水素吸入ができる商品を徹底比較

水素水サーバーの中には水素水を生成するだけではなく、水素ガスを直接吸入することができる商品があります。

水素吸入は全国各地の病院でも導入されていますし、水素吸入を活用しているプロスポーツ選手もいます。

今回は今まで難しかった自宅での水素吸入を可能にした水素水サーバーを紹介します。

性能と価格を比較

商品名水素濃度水素ガス発生量価格(税込)
ラブリエリュクス~1.0ppm約60ml/分275,000円
ルルドハイドロフィクス~1.2ppm約26ml/分141,372円
ダブル水素ボトル1.1ppm約5ml/分181,440円
ビューティフライ0.3~1.2ppm約17m//分91,484円
 水素ガス発生量が多い商品の方が、短時間で大量の水素吸入ができます。
現在購入できる水素吸入可能な水素水サーバーは4種類あります。

価格は高いですが、ラブリエリュクスが圧倒的に大量の水素ガスを吸入できるので、水素吸入目的で水素水サーバーを選ぶのであれば、ラブリエリュクス一択です。

ただし水素水を飲むのがメインで、水素吸入はたまにだけという使い方であれば、水素濃度・水素ガス発生量・価格などを比較して選ぶのがいいです。

 ちなみにラブリエリュクス・ルルドハイドロフィクスはポット型水素水サーバーで、ダブル水素ボトルとビューティフライは携帯型水素水サーバーです。
水素水がメインで水素吸入がサブの場合の例
水素ガス発生量を比べれば、ラブリエリュクスは同じポット型のルルドハイドロフィクスよりも2倍以上も多いですが、価格も約2倍程高くなります。

しかし水素水がメインの使い方をするのであれば、ラブリエリュクスは1.0ppmの水素水を生成するのに1時間掛かる一方で、ルルドハイドロフィクスは1.2ppmの水素水を30分で生成することができます。

要するに、水素水に関しては価格が安いルルドハイドロフィクスの方が性能が上ということです。

このように水素吸入をメインに使用するのであればラブリエリュクス一択ですが、水素水をメインに使用するのであれば、価格も半額で水素水生成の性能が高い、ルルドハイドロフィクスを購入した方がいいということになります。

水素水メインで水素吸入がサブという方用に比較表を用意しました。

商品名水素濃度生成時間水素ガス発生量
ラブリエリュクス~1.0ppm5~60分約60ml/分
ルルドハイドロフィクス~1.2ppm~30分約26ml/分
ダブル水素ボトル1.1ppm~30分約5ml/分
ビューティフライ0.3~1.2ppm15~30分約17m//分
水素吸入と水素水どちらをメインで使いたいのかで購入するべき商品が変わってくるので、まずはどういう使い方をしたいのか考えると、商品選びがしやすくなります。

まとめ

水素吸入がメインの場合

ラブリエリュクス
全商品の中でもっとも水素吸入性能が高いのはラブリエリュクスです。しかも圧倒的です。

ただし、1.0ppmの水素水を飲むためには1時間掛かるため、水素吸入がメインで水素水がサブという方にオススメです。

水素水がメインの場合

水素吸入は時々使えればよくて、あくまでも水素水がメインであれば、ルルドハイドロフィクス・ダブル水素ボトル・ビューティフライの3つから選ぶことになります。

ルルドハイドロフィクス
自宅でのみの使用であれば、3つの中でもっとも高濃度の水素水を生成できるラブリエリュクスがオススメです。

時々しか使用しないとは言え、水素ガス発生量も2番目に多いので、水素水も水素吸入も楽しめるバランスの取れた商品です。

 

自宅以外でも水素水を飲みたいのであれば、携帯型水素水サーバーのダブル水素ボトル・ビューティフライの2つから選ぶことになります。水素濃度を重視するならダブル水素ボトル、価格を重視するならビューティフライです。