アキュエラブルーを解説【ポット型水素水サーバー】

価格(税込)100,000円
容量800ml
重量約4kg
寸法幅164×奥行252.5×高さ412.5mm
水素濃度1.0~1.6ppm(40秒~5分)
メンテナンス費3ヶ月ごとに専用洗浄液(約750円)
使用できる水塩素を取り除いた水(浄水器の水)・市販のミネラルウォーター
※スマホで横スクロールできます。
もくじ

アキュエラブルーの特徴

1.6ppmの飽和水素濃度を実現

今までの電気分解式の水素水サーバーで1.6ppmの水素水を生成しようとすると、pH値が上昇し強アルカリ性となり飲めるものではありませんでした。

アキュエラブルーは独自の特許技術により、世界で初めてpH値を変えずに1.6ppmの飽和水素水の生成に成功しました。水素生成時にpH値の変化は起こらないため、水素水のpH値は原水に依存します。

待ち時間が短くすぐに飲める

1.0ppmの水素水を飲む場合は待ち時間がなくすぐに飲むことができます。
1.6ppmの飽和水素水を飲む時でもたったの5分で生成されます。

ランニングコストが掛からない

アキュエラブルーはカートリッジやフィルターなどの消耗品がないので、定期的な部品交換がなく、ほとんどランニングコストが掛かりません。

掛かるのは洗浄時に使う専用洗浄液とコンディションを保つために使うクエン酸くらいです。
専用洗浄液は1本700円程度で3ヶ月、クエン酸は400円程度で1ヶ月持ちます。

72時間置きに洗浄を促すサインが表示されるので、洗浄し忘れることもありません。
3日に一度の洗浄が必要なので、面倒くさがりの人は少し億劫に感じる部分かもしれません。

もくじ
閉じる