ルルドを解説

ルルドの製造・販売は終了しました
ルルドの基本情報
容量1.8L
重量総重量1.6kg(本体1.1kg・ポット0.5kg)
寸法幅316mm×奥行160mm×高さ270mm
溶存水素濃度~1.2ppm(~30分)
酸化還元電位~-480mV
水素発生方法分離生成方式
pH原水に対して±0.2
メンテナンス費9ヶ月毎にカートリッジ交換(約3,000円)
使用できる水塩素を取り除いた水(浄水器の水)・RO水・お茶・コーヒーなど
使用できない水水道水(塩素が含まれるため)・乳飲料(カルシウムが含まれるため)

ルルドの特徴

  •  高濃度水素水が長持ちする
  •  追い焚き(水素補充)機能
  •  水素水とオゾン水を生成可能
  •  誰でも使える簡単操作

高濃度水素水が長持ちする

ルルドは最大1.2ppmの高濃度水素水を生成することができます。

飲用水を直接電気分解する方式ではなく、本体装置で電気分解し生成された水素をポット側の飲用水に充填する分離生成方式を採用しています。

分離生成方式の場合、気圧の変化が起こらないため、生成後の水素水の水素が抜けづらいようになっています。そのため、1.0ppmの高濃度を12時間持続させることを可能にしています。

追い焚き(水素補充)機能

追い焚き機能と言っても温める機能ではありません。

水素水を生成後、一度使用するまでずっと水素を補充し続ける機能です。
保温ならぬ保水素と行っても良いかもしれません。

本体からポットを外さない限り水素濃度を保ち続けるので、就寝前にボタンを押しておけば、朝起きてすぐに高濃度水素水を飲むことができます。

水素水とオゾン水を生成可能

水素水の他にアルコールの7倍の殺菌作用を持つオゾン水も生成する事が可能です。

オゾン水は国から食品添加物として認められているオゾンを溶存させた水のことで、除菌・消臭、手洗い・うがい、野菜や魚介類の洗浄、ペットのケア、シンク掃除や排水口のヌメリ取りなど多数の使い方があります。

オゾン水は放っておくと酸素に戻るので、無害で安全性が高く哺乳瓶の洗浄にも使えます。
また、オゾン水を作ることでルルド本体の除菌にもなるので、ほとんど掃除の必要がありません。

この機能もルルド独自の機能で、他の水素水サーバーには付いていない機能です。

ルルドの特徴

誰でも使える簡単操作

ルルドの操作はボタン一つなので、簡単に使用できます。
ボタンを押す回数で10分/20分/30分モードから選べ、ボタンを長押しするとオゾン水モードになります。

大体10分で0.4ppm、20分で.7ppm、30分で1.2ppmの水素水を生成できます。
オゾン水の場合は15分で生成されます。

ルルドの特徴


ルルドの製造・販売は終了しました

コメントは受け付けていません。