携帯型水素水サーバーを徹底比較!

携帯型水素水サーバーの性能・価格・維持費などを徹底比較します。
商品選びの参考になれば幸いです。

以前は携帯型と言えば持ち運べるというメリットがある反面、水素濃度が低い商品しかありませんでしたが、最近は高濃度の水素水を作ることができる商品も発売されています。

水素濃度・生成時間・本体価格の比較

商品名水素濃度生成時間価格(税込み)
Bambi1.0~1.4ppm5~10分53,784円
H.Bottle1.0~1.2ppm3~9分59,400円
Pocketプレミアム0.4~0.7ppm10~20分54,000円
Swish0.3ppmなし8,964円

携帯型でもっとも性能が高いのはBambiです。
Bambiはわずか10分で1.4ppmの水素水を作ることができます。

H.BottleはBambiとほぼ同等の性能で、価格が少しだけ高いです。

Pocketプレミアムは上の2つと同価格帯ですが、性能がかなり劣っています。
ちなみにpocketプレミアムは旧pocketのデザインが変わっただけで性能は同じです。

Swishは断トツで安いですが性能もかなり低いです。
唯一待ち時間なく飲めまることだけが強みです。

性能と価格を比較すると、購入するべき候補は以下の2つに絞られます。

  •  Bambi
  •  H.Bottle

Pocketプレミアムは性能が劣っているのに上の2つと同価格帯ですし、Swishは圧倒的に性能が劣っているためオススメできません。

メンテナンス費の比較

商品名維持費1日換算
Bambi3ヶ月ごとにクエン酸(約400円)約4円
H.Bottle1年半ごとにバッテリー交換(7,000円)
5年程度で生成部交換(費用は未定)
約15円
Pocketプレミアム3年ごとにバッテリー交換が必要(8,640円)約8円
Swish2ヶ月ごとにカートリッジ交換と週1の水素復活剤使用
(6,480円)
108円
基本的にはどの商品も一定期間の使用で、部品交換などのメンテナンスが必要になります。
メンテナンスを怠ると性能低下や故障の原因につながるので、必ず行うようにしてください。

Bambiのメンテナンスは消耗品がないため、3ヶ月に1回クエン酸に浸け置きするだけです。

H.Bottleの水素生成部の交換費用はメーカーもまだ決めていないようですが、おそらく1万円いかないくらいだと思います。(上の表の約15円というのはバッテリーのみの換算です。)

Pocketプレミアムは3年ごとのバッテリー交換のみで、Swishは2ヶ月ごとのカートリッジ交換と週に1回の水素復活剤が面倒くさいですし、本体価格は安いですがランニングコストが高いのでオススメしません。

携帯型水素水サーバー徹底比較まとめ

水素濃度・生成時間・本体価格の比較を徹底的に行うと、購入の選択肢に入れるべき商品が2つに絞られます。

あとはあなたの判断でお好きな方を購入してください。

メンテナンス費は1日あたり4~15円程度なので、そこまで気にしなくても大丈夫です。
アルミパウチの水素水を毎日購入することに比べたら安すぎます。

2つの商品のカンタンな特徴とスペック表を作成しました。

商品の特徴


Bambi
・携帯型水素水サーバーでもっとも性能が高い。
・価格も安くてコストパフォーマンスが高い。
・消耗品がないためメンテナンスが楽。


H.Bottle
・性能面でBambiに少し劣っていて、価格はBambiよりも少し高い。


BambiH.Bottle
水素濃度1.0~1.4ppm1.0~1.2ppm
生成時間5~10分3~9分
発生方法電気分解式電気分解式
価格53,784円59,400円
メンテナンス費約4円約15円
携帯型水素水サーバーを購入するならBambiかH.Bottleのどちらかです。

水素濃度・価格・メンテナンスで考えるならBambiの方が勝っており、生成時間を考えるならH.Bottleの方が微妙に勝っています。

生成時間に関しては1~2分程度と誤差程度でしか違わないので、普通に考えると一番オススメなのはBambiです。


コメントは受け付けていません。