エイチボトルを解説

エイチボトルの詳細はこちら
エイチボトルの基本情報
価格59,400円(税込み)
容量300ml
重量185g
寸法上部直径φ58mm×下部直径φ62mm×L202mm
溶存水素濃度1.0~1.2ppm
生成時間3~9分
水素発生方法電気分解式
メンテナンス費1年半ごとにバッテリー交換(8,000円前後)
3~5年程度で生成部交換(費用は未定)
使用できる水水道水

エイチボトルの特徴

  •  携帯型なのに高濃度
  •  水道水もお湯も使用可能

携帯型なのに高濃度

携帯型水素水サーバーは水素濃度が低いのが常識でしたが、エイチボトルは1.2ppmの高濃度水素水を生成できます。生成までの時間も短くて、待たされるストレスもあまり感じません。

水道水もお湯も使用可能

エイチボトルは水道水の他にも80度までのお湯を使っても水素を生成できます。
水素の入ったお湯でコーヒーやお茶を飲むことも可能です。

エイチボトルの特徴


エイチボトルの詳細はこちら


コメントは受け付けていません。