ルルドとルルドハイドロフィクスは何が違うのか?

これまでポット型水素水サーバーの中で抜群の人気を誇っていたルルドですが、
ついにその新型であるルルドハイドロフィクスが発売されました。

そこで、旧ルルドと新型のルルドハイドロフィクスでは何が変わったのか調べてみました。
スペック・価格・独自機能など徹底的に比較し、その違いをご紹介します。

スペックと価格を比較

比較して違いがある項目はピンク色にしています。

ルルドルルドハイドロフィクス
容 量1.8L1.5L
重 量1.6kg1.75kg
寸 法幅316×奥行160×高さ270mm幅246×奥行147×高さ289mm
溶存水素濃度~1.2ppm(~30分)~1.2ppm(~30分)
水素発生方法分離生成方式分離生成方式
メンテナンス費9ヶ月ごとにカートリッジ交換
(約3,000円)
1年ごとにカートリッジ交換
(約4,000円)
4ヶ月ごとに浄水フィルター交換
(約4,000円)
使用できる水塩素を取り除いた水・
RO水・お茶・コーヒーなど
水道水・ミネラルウォーター
価格159,840円 154,224円
まずピッチャーの容量ですが、新型の方がやや小さくなっています。
ただ全体の重量は新型の方が少しだけ重くなりました。
本体の形状が変わった事で多少寸法も変わっています。
他には新型の方がメンテナンスの頻度が増え、費用が高くなっています。

また、新型の方は別売りの浄水フィルター(約4,000円)を付けることで、
普通の水道水を使用することが出来るようになります。
浄水フィルターは4ヶ月または450Lの使用を目途に交換する必要がありますが、
毎日ミネラルウォーターを購入する必要はなくなります。

購入価格はほとんど変わりませんが、新型の方が少しだけ安くなっています。

独自機能について

ルルドには独自機能としてオゾン水を生成する機能があり、
オゾン水は消毒・消臭効果があり様々な使用用途があります。

 オゾン水の使用例
うがい・手洗い、皮膚のケア、口臭予防、ペットのケア、掃除、食材の洗浄など

ルルドハイドロフィクスにはオゾン水を生成する機能は無くなりましたが、
水素ガスを吸入できる機能が追加されました。

水素ガスの吸入は実際の医療現場でも使われていて、
今後も様々な効果に大きな期待をされています。

また、自宅で水素ガスを吸入出来る商品は限られており、
ルルドハイドロフィクスはその数少ないうちの1つです。

まとめ

スペック的にはそこまで大きな違いはありませんが、
水道水を使える分、ルルドハイドロフィクスの方が便利です。

ミネラルウォーターを使うとなると定期的に購入しなければなりませんし、
保存場所が必要になりますが、ルルドハイドロフィクスならその必要がありません。

水素水機能しか使わないと言うのであれば、ルルドハイドロフィクスを選べば良いですが、
独自機能もしっかりと使いたいのであれば、自分にあった機能の方を選べば良いです。

オゾン水を使いたいならルルドを、水素ガスを吸入したいならルルドハイドロフィクスを、
最終的にどちらの機能を使いたいかで選んでも問題ありません。

ルルド

詳細はこちら

ルルドハイドロフィクス

詳細はこちら


    コメントは受け付けていません。