20,000ppmの水素水の正体とは?

水素水サーバーの中には20,000ppmや28,000ppmと記載されている商品がありますが、一体どういうことなのでしょうか?

現在20,000ppm以上と記載されている商品は4つあります。

■28,000ppmの商品
・ エイチツーガウラ
・ ガウラミニ

■20,000ppmの商品
・ スペシャルバブルスイソ WP-300(以降はWP-300と記載)
・ ハイブリッドH2サーバー WP-400(以降はWP-400と記載)

20,000ppmは溶存水素濃度ではない

常温・常圧における飽和水素濃度は1.6ppmなので、圧力を掛けるなどをしない限りこれ以上の水素濃度はありえませんし、20,000ppmと記載されている水素水サーバーも例外ではありません。

20,000ppmとは溶存している水素濃度ではなく、細かい水素の気泡を水に混ぜ合わせるバブリング式での水素濃度を表しています。

たとえば、エイチツーガウラは“1.0ppm+28,000ppm”と記載されていますが、これは溶存水素濃度1.0ppmの水素水にプラスして、水素ガスが2.8%注入されているいう意味です。(1L中に28mlの水素の気泡が入っている状態のこと)

この2.8%の水素ガスは溶け込んでいるのではなく、水素ガス(水素の気泡)が水の中に混ざっている(入っている)状態です。

1.0ppmの水素水にプラスして、2.8%の水素ガスをそのまま飲む(吸う)という新発想です。

溶存水素濃度を測定する時に溶存水素濃度判定試薬を使用しますが、20,000ppmや28,000ppmの水素水をこの試薬で測定しても水素ガスが溶け込んでいるわけではないので、溶存水素濃度判定試薬は反応しません。

溶存水素濃度判定試薬

20,000ppmの水素水の正体まとめ

普通水素水と言えば、水に水素が溶け込んでいますが、20,000ppmとしか記載されていないWP-300とWP-400の2つの商品については一切水素が溶存していないため、正直どれだけの効果があるのかはわかりません。

エイチツーガウラは28,000ppmの水素ガスのほかにも、しっかりと水に水素が溶け込んでいるため、たとえ28,000ppmがあまり意味がなかったとしても、1.0ppmの水素水として効果は期待できます。

WP-300とWP-400は性能面・価格面・デザイン面でも、エイチツーガウラに大きく劣っているので、とくに購入する理由はないと思います。


▼一番人気のある水素水サーバーです▼エイチツーガウラの詳細はこちら


コメントは受け付けていません。