20,000ppmの水素水の正体とは?

水素水サーバーの中には20,000ppmと記載されている商品がいくつかありますが、
20,000ppmとはどうゆうことなのでしょうか?

現在20,000ppmと記載されている商品は2つあり、
28,000ppmと記載されている商品も2つあります。

28,000ppm
・ エイチツーガウラ
・ ガウラミニ

20,000ppm
・ スペシャルバブルスイソ WP-300(以降はWP-300と記載)
・ ハイブリッドH2サーバー WP-400(以降はWP-400と記載)


20,000ppmは溶存水素濃度ではない

常温・常圧における飽和水素濃度は1.6ppmです。
圧力を掛けない限りこれ以上の水素濃度はありえません。

20,000ppmと謳っている水素水サーバーも例外ではありません。
では、一体どうゆうことでしょうか?

例えば、エイチツーガウラは“1.0ppm+28,000ppm”と記載されていますが、
これは溶存水素濃度1.0ppmの水素水に、水素ガスが2.8%注入されている言う意味です。
(2.8%とは1L中に28mlの水素の気泡が入っている状態の事)

この2.8%の水素ガスは溶け込んでいるのではなく、
水素ガス(水素の気泡)が混ざっている(入っている)だけです。

1.0ppmの水素水を飲む + 2.8%の水素ガスをそのまま飲む(吸う)と言う新発想です。


溶存水素濃度を測定する時に溶存水素濃度判定試薬を使うのですが、
青色の液体を一滴ずつ垂らして、何滴透明に出来たかで水素濃度を測定出来ます。

20,000ppmや28,000ppmの水素水をこの試薬で測定しても、
水素ガスが溶け込んでいるわけではないので、判定試薬は反応しません。

まとめ

20,000ppmを謳っているWP-300とWP-400については効果があるのかは不明です。
普通水素水と言えば、水に水素が溶け込んでいますが、
この2つの商品はただ混ざっているだけで、溶存しているわけではありません。

エイチツーガウラについては溶存水素濃度が1.0ppmと、
しっかりと水素が溶存しているので、水素水としての効果はあります。
例え水素ガスを注入していなくても高濃度水素水として飲めます。

しかし、WP-300とWP-400はバブリング方式としか記載されておらず、
溶存水素濃度は不明です。
説明欄のどこを見ても溶存させているとは書いていません。

WP-300とWP-400は性能面・価格面・デザイン面でも、
エイチツーガウラに大きく劣っているので、
エイチツーガウラがある今、WP-300とWP-400を購入する理由はないでしょう。



    コメントは受け付けていません。